内臓脂肪サプリ※おすすめと原因

内臓脂肪を下げる効果のあるサプリ

最近、内臓脂肪という言葉を良く聞くようになりました。内臓脂肪は、本来人体にとってなくてはならないものですが、付きすぎてしまうとさまざまな病を引き起こす原因になります。内臓脂肪は、痩せている人でも多すぎると診断される場合があり、内臓脂肪が多い人は太っている人だけというわけではありません。内臓脂肪が付きすぎてしまっている人は、食生活を改善しながら適度な運動を取り入れて生活習慣を見直す必要があります。とは言え、生活習慣を見直すというのはとても難しい事です。仕事をしていると、早く帰って食事を摂るというのもあまり現実的ではないと思います。
そこで、当サイトでは内臓脂肪を効率よく減らすことができるという成分
DHAやEPAを配合したサプリメントの売れ筋をご紹介いたします。

 

内臓脂肪を落とす効果のあるサプリランキング

きなり ←売れてます

きなりは、内臓脂肪を効率よく下げる効果があるといわれているDHA・EPAを高配合したサプリメントです。DHAサプリの中では群を抜いて安いのが特徴です。安いからといって成分が少ないのかというとそうではなく高配合されていますので、その効果もばっちり。
また、クリルオイルを使っていますので、DHA・EPAの吸収率がよく効果が高いのも特徴です。更に、血液サラサラ成分でもあるナットウキナーゼも配合していますので、内臓脂肪を下げると同時に血液サラサラも期待できます。
今なら、当サイトからのお申込みで、1か月分1980円でご購入できます。

 

VCOサプリメント

VCOサプリメントは、効率よく内臓脂肪を燃焼させるために開発されたサプリメントです。
内臓脂肪を燃焼させながら、LDLコレステロールの滞りを抑えることができ、血管内の老廃物も効果的に流すことができます。いつまでもサラサラの血液を手に入れることができるのです。
公式ホームページからのお申込みであれば、全額返金保証がついている為安心してお試しいただけます。

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPA

小林製薬が販売しているナットウキナーゼ&DHA&EPAは、血液がサラサラになる成分が豊富に含まれている事で人気があるサプリメントです。
内臓脂肪が増えると、血液に影響が出て血管が詰まりやすくなります。ナットウキナーゼを含むDHAとEPAを効率よく摂取することで、いつまでもサラサラの血液を保つことができます。
公式ホームページからお申込みすると送料が無料になります。

小林製薬のDHA&EPA EX

小林製薬が販売しているDHA&EPA EXは、青魚から摂取できるDHAやEPAを豊富に含んだサプリメントで、これらの成分に内臓脂肪を減らす働きがあります。
DHAやEPAは、身体にはなくてはならない成分ですが、食べ物から摂取しようと思うと大量の魚を食べなければなりません。DHA&EPA EXであれば、サプリメントで手軽に摂取することができます。

内臓脂肪とは何か

「内臓脂肪が付きやすい」年齢を重ねるとこのような言い方を良く耳にします。
では、内臓脂肪とはそもそも何のことなのでしょうか。

 

内臓脂肪は、腹腔内についた脂肪の事です。
皮下脂肪とは違う為、痩せ型の方でも内臓脂肪が多すぎるという診断をされてしまうことがありみあす。
適度な量であれば、内臓への衝撃を吸収したり、腹部での内臓の位置を正常に保つために必要不可欠なものです。
ところが、必要以上の量がついてしまうと、重大な病を引き起こす原因になってしまうのです。

 

内臓脂肪が付きすぎてしまうと、生活習慣病になる恐れがあります。
内臓脂肪が付きすぎると、一部が血中に流れ出します。
すると血液はドロドロになり血管壁にこびりつきます。
そうなると、血管の幅はどんどん狭くなり、血液が流れづらくなります。
そこで恐れられるのが、動脈硬化です。
動脈硬化が悪化すると、心筋梗塞や脳梗塞の原因になってしまいます。

 

内臓脂肪には基準値が設けられています。
ウエストのサイズが、男性で85cm以上、女性で90cm以上です。
内臓脂肪の量は体脂肪計を使う事でわかります。

 

知らないところで増えてしまう内臓脂肪は、日々の食事や生活習慣で良くも悪くもなります。
健康管理をきちんと行い、バランスの良い食事を心がけることが何よりも大切です。

内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪を減らすための薬

内臓脂肪が増えすぎてしまうと、動脈硬化を引き起こし、酷い場合は生活習慣病になってしまいます。
こうしたリスクを減らす為に、内臓脂肪を効果的に減らしていく必要があるのですが、内臓脂肪を減らすには適度な運動とバランスの良い食事が欠かせません。

 

ところが、生活を改善するのは難しい場合もあります。
毎日仕事が忙しく、どうしても夕食が遅くなってしまうという人や、付き合いでお酒を飲む機会が多いという人もいるでしょう。
その場合、内臓脂肪を減らすための薬を服用するのも一つです。

 

内臓脂肪を減らす薬には、“ナイシトール”というものが有名です。
漢方薬の一つで、錠剤のため飲みやすいと言われています。
脂肪を分解し、燃焼を助ける作用がある為、食事の際に一緒に服用することがお勧めです。

 

さらに、“ラクトフェリン”という薬も効果的です。
ラクトフェリンには整腸作用があり、腸内の善玉菌を増やします。
腸に溜まってしまった老廃物を排出してくれるため、腸内環境が整います。

 

ただし、内臓脂肪を減らすには薬だけに頼っていてはいけません。
少しずつでも、生活習慣を改善してくことをお勧めします。
食事のバランスもそうですが、適度な運動も重要です。

内臓脂肪を減らすための運動

適度な運動と言っても、ジムに通う時間はないし、そもそも運動自体がちょっと苦手という方もいらっしゃると思います。
運動は、ハードなものを行う必要はありません。

 

例えば、ウォーキング。
一つ手前の駅で降りて歩いてみるとか、なるべく歩くことを心がけてください。
その時間も取れないという方には、いつもより早歩きをしてみることをお勧めします。
可能であれば、プールに行って泳がずに水中を歩いてみてください。
普通に歩くよりも体力を使い、エネルギーを消耗するのがわかると思います。
つまり、有酸素運動と呼ばれるものを、毎日少しずつ行えばよいのです。
一度にハードな運動をするのではなく、少しのことを毎日コツコツ積み重ねることが大変重要です。

 

有酸素運動を毎日行う事で、身体の筋肉量が少しずつ増えます。
筋肉量が増えると、代謝できるエネルギー量が増えるので、同じ量を食べても消費される脂肪の量が増えます。
筋肉量が増えると、歳を重ねて衰えていく基礎代謝量を筋肉でカバーすることができるのです。

 

とは言え、これらも継続することが何よりも大切です。
せっかくはじめても、1日2日で終わってしまっては何の意味もありません。
その為にも、毎日続けられることを少しの量で構わないので実行していきましょう。

内臓脂肪を減らす生活習慣

内臓脂肪は、生活習慣を改めるだけでどんどん減らすことができます。ここでは、内臓脂肪を減らすために良い生活習慣についてお話しておきます。

 

内臓脂肪を減らすには、まずは規則正しい生活をおくることが大切です特に、食生活には十分注意しなければなりません。
バランスの良い食事を摂るというのは、内臓脂肪を減らすのになくてはならない要素です。
野菜はたくさん摂るようにしましょう。肉は、脂肪分が少ない部位を選んで食べると良いでしょう。

 

また、食事に関しては摂る時間も大変重要です。
特に、夕食ですね。
寝る直前に食事を摂ってしまうと、消化されずに体に溜まる為、内臓脂肪の量を増加させます。
仕事柄、どうしても寝る前の食事になってしまうという方は、食べ物をなるべく消化の良いものにして、野菜などの食物繊維をたくさん食べるようにしましょう。
日中の食事はそんなに気にする必要はありません。
食べたものはエネルギーになって消費されるため、特に朝の食事はたくさん摂るようにしましょう。

 

そして、適度に運動をすることも大変重要です。
内臓脂肪を減らすには、有酸素運動が重要と言われています。
有酸素運動は、水泳やマラソン、ウォーキングなどです。

 

日々の健康を維持するための生活を送ることが、結果的に内臓脂肪を減らしてくれることになります。
なるべく規則正しい生活を心がけてください。また、内臓脂肪に効果のあるサプリを併用するのもお勧めです!

更新履歴