内臓脂肪の落とし方@ランキングと基礎知識

内臓脂肪とメタボの関係

「メタボ体型」という言葉は最近よく聞かれるようになりましたが、メタボはメタボリックシンドロームの略で、内臓脂肪型肥満の事を指します。
メタボは、ウエストのサイズが男性で85cm、女性で90cm以上の場合と具体的に境界線が設けられており、増えてしまうと重大な病を引き起こす可能性がある為、改善を求められます。

 

ウエストが太くなるというのは、内臓脂肪が増えることによっておこります。
つまり、メタボと内臓脂肪は密接な関係があるのです。

 

メタボになってしまったら、第一に内臓脂肪を減らすことです。
メタボ=高血圧や糖尿病、心疾患などの病にかかってしまう可能性が増すという事ですので、病気を予防するためにも内臓脂肪を減らすことが大変重要になります。

 

メタボになってしまうと上記に上げたような病にかかる可能性が増すわけですが、特に危険なのが動脈硬化です。
動脈硬化になると、脂肪が増えることで血液をドロドロにし、血管を狭くして、最終的には詰まって脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。
動脈硬化をいかにして予防するかという事は、その後に待っている重大な病の防ぐ上でもとても大切な事です。

 

動脈硬化だけが進行しても、自覚症状がありません。
血液がドロドロになったり、そのせいで血管が狭くなっていても見た目にはわかりませんし、健康への症状も出にくいからです。
その為、定期的に健康診断を受診して中性脂肪値や内臓脂肪値を知っておく必要があります。
メタボにならないために、普段からバランスの良い食事と適度な運動を心がけることが何よりも大切です。