内臓脂肪の落とし方@ランキングと基礎知識

妊婦さんは内臓脂肪が増える

内臓脂肪と妊婦さんはとても深い関わりがあります。

 

お腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんは、身体の状態が普通とは違います。
体脂肪計を使って体脂肪を計ろうと思っても、正確な数値が出ないそうです。
内臓脂肪が気になる妊婦さんは、産婦人科の先生に相談してみることをお勧めします。

 

妊娠中は、お腹の中にいる赤ちゃんの為に栄養を蓄えようとします。
たくさんの栄養を蓄えないと、赤ちゃんに栄養が回りません。
妊娠中は、摂取する栄養素が全て赤ちゃんの成長に使われると言っても過言ではありません。
その為、妊娠中は体自体も脂肪を蓄えようと準備しており、いつも以上に体内に脂肪を蓄えようとしています。

 

つまり、妊娠中に太ってしまう事は不思議ではないのです。
ただ、あまりにも急に太ってしまったり、必要以上に太ってしまう事は問題です。
いつもより少し多めに食べて、その分を赤ちゃんの糧にしてあげることが重要なのです。
体重が増えすぎてしまったり、中性脂肪が気になる場合は、その都度産婦人科の先生に相談してアドバイスをもらうようにしましょう。

 

そして、赤ちゃんが生まれた後もその食生活を続けたり、妊娠中に蓄えた脂肪がそのままになっているようでは問題です。
出産後、出産前よりも太ってしまった方は、必要以上の脂肪を体に蓄えて内臓脂肪が増えている可能性がありますので、なるべく早く元の体型に戻る事が重要となります。
そのままの体型でいると、内臓脂肪値が上がり、動脈硬化を引き起こしてしまいます。